秋田市 水上歯科医院の歯周治療専門サイトです。よくある質問について掲載しています。

水上歯科医院 歯周病サイト

歯周治療はすべての基本です。

Q1 歯周病は誰でもかかるの?

歯周病は、歯周病原菌による感染症です。

原因であるプラークや歯石を毎日の歯磨きや、定期的な歯科医院でのメインテナンスで予防することが可能です。

また歯周病は感染症なので家族間や親子間でも感染が広がります。つまり、歯周病は自分ひとりだけの問題ではないのです。

Q2 歯周病と診断された場合、治療は必要なの?

歯周病に罹患すると、自然治癒は望めません。

歯周病はサイレントキラー(静かな殺し屋)とも呼ばれ、歯肉の腫れや、歯肉からの出血などの自覚症状なしに進行し、腫れや出血が認められる場合には、その病態が進行したステージになっている場合がほとんどです。

Q3 プラークって、なんですか?

プラークとはバイオフィルとも呼ばれ、非常に多くに細菌とその産生物から構成されています。

プラークは強固に歯面に付着しており、洗口剤では落とせません。

また歯ブラシ単体でも完全除去は困難であり、定期的に歯科医院で超音波を利用した機械的清掃が一番効果的です。

Q4 歯はいつ磨けばいいの?

最近食後30分間は磨かないとの話を耳にしますが、なるべく食後すぐ磨くのがよろしいと思います。

食後は口腔内細菌の活動性が高まり、プラークは時間経過とともに歯面に堆積、固着して歯ブラシだけでは除去しにくくなります。

Q5 電動歯ブラシのほうが普通の歯ブラシより効果的なの?

一概にどちらが良いとは言えませんが、音波ブラシのプラーク除去効果が高いのは事実です。

ただし音波ブラシも全自動歯ブラシではありませんので、きちんと当てて、十分な時間をかけることで、その効果が得られます。

まずは普通の歯ブラシできちんとプラークコントロールができることが、その前提となります。

Q6 歯ブラシ(電動も含む)だけで十分なプラークコントロールは可能なの?

補助清掃用具としては、デンタルフロス(糸ようじ)、歯間ブラシ、ウォーターピックなどがありますが、一番重要なのはデンタルフロスの併用であると思います。

歯の接触点そして接触点直下は歯ブラシだけでは十分な清掃効果が得られません、アメリカでは「Floss or Die」(フロスを用いるか、それとも死を選ぶか)といわれるぐらい、フロス使用の重要性が提唱されています。

Q7 歯周病は薬で治せないの?

薬だけでは治ことはできません。

歯周病の原因となる歯石(細菌の棲家)の除去を前提としたプラークコントロールを適切に行うことが第一であり、そのうえで必要に応じて抗生物質を併用することは歯周病の改善に効果的になります。

Q8 歯周病原菌は口腔内にだけ影響がとどまるの?

歯周病は糖尿病、誤嚥性肺炎、低体重児出産のリスクを高めます。

女性の方は妊娠前に歯周病の検査を受け、必要であれば適切な加療を受けておくべきです。

糖尿病の方は歯周治療が適切に行われれは、糖尿病の改善にもつながるといわれており相互補完作用があるため、歯科医院での歯周治療を継続的に受診されることをお勧めします。

そのほか動脈硬化や心臓血管疾患のリスクを高め、骨粗鬆症、関節炎、腎炎との関連性があるとの報告も存在します。

Q9 口呼吸は歯周病に影響するの?

口呼吸の方は口腔乾燥を生じやすく、プラークの蓄積性が高まります。

また唾液の自浄作用(唾液自身が洗い流してくれる作用)が低下し、口腔内の細菌の活動性を高めるなどの悪影響があります。

Q10 歯茎が下がって気になるのですが、もとに戻りますか?

歯茎が下がった状態が自然に元に戻ることはありません。

我々日本人(モンゴロイド)はもともと唇側の歯槽骨が薄く、歯ぎしりなどの咬み合わせの不調和が存在すると、歯肉退縮を生じやすくなります。歯肉退縮をそのまま放置すると知覚過敏や根面齲蝕を生じることになります。

問題の解決には遊離歯肉移植手術や上皮下結合組織移植など有効な歯周形成外科療法が存在します。そのような方は一度ご相談ください。

Q11 一連の歯周治療が終了したら、あとは大丈夫なの?

歯周病は細菌感染症なので、再度の感染で再発する可能性が存在します。

一度きれいになった口腔内に対して、細菌の影響が再度出現するのが3か月インターバルといわれているため、歯周治療を受けた方は3か月ごと、年に4回のメインテナンスを受診することをお勧めします。

Q12 歯ぎしりや咬み合わせは歯周病に影響しますが?

歯ぎしりや咬み合わせの不調和が歯周病の原因になることはありません。

しかしながら歯周病に罹患している方で、歯ぎしりや咬み合わせの不調和が存在する場合、歯周病の病態を加速させることになります。

歯周治療を行うに際して、歯列矯正治療を行うことは歯周治療の質を劇的に高める効果があります。

Q13 歯周病にかかりやすさはあるの?

かかりやすさはあります。

歯並びや歯周病原菌の種類や粘膜の形が影響します。お口の中の歯周病源菌の数や種類は、細菌検査で同定できるため、歯周病のスクリーニング検査の一つとして活用することも有効です。

また喫煙習慣や糖尿病、遺伝的影響などで歯周病にかかりやすくなります。

PAGE TOP